制度概要

カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット制度の概要
(どんぐり制度の概要)

(1)制度概要
製品やサービスのライフサイクルで排出される温室効果ガス排出量を算定し、その削減に取り組んだ上で、どうしても減らせなかった排出量をカーボン・オフセットする仕組みです。

この仕組みへ参加する製品やサービスについては国が認証を行い、認証されたものには「どんぐりマーク」をつけることができます。「どんぐりマーク」を通じて、認証されたことによる信頼性を保ちつつ、環境に配慮した製品やサービスであることを分かりやすくアピールすることができます。

各ライフサイクルのCO2排出量と部分オフセット

(2)排出量の算定方法
本制度では次のいずれかの方法で温室効果ガス排出量を算定することが必要です。

 ① カーボンフットプリントコミュニケーションプログラムによる算定

 ② LCAエキスパート検定試験合格者等がLCA支援ソフトウェアMiLCAを利用して実施した算定

(3)本制度で利用できるクレジット
本制度で利用 (※)できるクレジットは次のものです。

  • 京都メカニズムクレジット(CER等)
  • J-クレジット
  • 国内クレジット
  • オフセットクレジット(J-VER)
  • 地域版J-クレジット
  • 都道府県J-VER
  • グリーンエネルギーCO2削減相当量

※クレジットを利用する際には各クレジット制度における無効化等の手続きを行う必要があります。
詳しくは下記をご参照ください。

(4)部分オフセットとどんぐりマークの関係
ライフサイクルにおける温室効果ガス排出量について、一部をオフセットする「部分オフセット」も可能です。ライフサイクルのどの段階までをオフセットするかで「どんぐりマーク」の葉っぱの枚数が1枚〜3枚となります。(3枚の時は葉っぱを省略可能)

製品メーカーがカーボン・オフセットを行う場合

(5)温対法に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度への利用
本制度により無効化等を行ったクレジットを地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度(以下「算定・報告・公表制度」といいます。)や、その他の温室効果ガス排出量に係る報告制度の報告に利用できます。
その際には、各報告制度において報告を行うべき範囲に係るクレジットに限って利用するようにしてください。

<利用例>製品メーカーがカーボン・オフセットを行う場合
例えば、製品メーカーA社が本制度への申請を行い、B社が製品の購入を行う場合は、以下のような整理となります。

※注:算定・報告・公表制度における各社の対象範囲に、A社は「②製造段階」、B社は「④消費・使用・維持管理」が含まれる場合を想定しています。

製品メーカーがカーボン・オフセットを行う場合

詳しくは下記をご参照ください。

  • 温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度
    (補足)地方自治体がクレジットを利用する場合
    地方公共団体が製品の購入等を行った場合、温対法に基づき策定した地方公共団体実行計画に、無効化等を行ったクレジットを反映することができます。